geechs RECRUIT

MENU

CLOSE

新卒採用の方はこちら

中途採用の方はこちら

Ueda

2017年 新卒入社

IT人材事業本部 EP部 キャリアアドバイザー

求職者にしっかりと寄り添い、サポートできる仕事を求めてギークスに入社。入社後から一貫してEP(エンジニアパートナー)部にて、キャリアアドバイザーとしてITフリーランスを支援。その経験を活かし、部門の業務改善や後輩育成にも尽力している。

CHANGE

後輩育成で感じた自分の課題

ITフリーランスの皆様が仕事を決める際に選択肢を提供し、新たな道や考え方のきっかけを与えられるこの仕事に大きなやりがいを感じています。気をつけているのは、相手の気持ちを尊重しながらその方が一番納得できる道を一緒に模索すること。だからこそITフリーランスの方に「Uedaさんが自分のことを一番よく考えてくれています」と言って頂ける瞬間がとても嬉しいです。「相手のために」ベストを尽くす仕事を心がける一方で、1年目は「誰にも負けたくない」という負けず嫌いの面も強く出ていたと思います。

私の転機となったのは、2年目に任された後輩のメンターと、EP部の業務改善プロジェクトのリーダー経験でした。メンター制度は、新卒1年目の社員1名に対し先輩社員1名がつき、独り立ちできるまでをサポートするというものです。私が1年目のときに、メンターでついてくださった先輩のように「後輩にとって一番に相談できる理解者」になろうと責任感を持って取り組み始めたものの、業務を教えながら自分の仕事もこなすという、これまでと比べ業務量が倍になる日々は想像以上に大変でした。後輩が相談してきたときに的確にアドバイスできるように、細かく後輩の業務をチェックして準備をして臨むものの、なかなかうまくいかない状況にも焦りが生まれ、気持ちの余裕が無くなっていきました。今思うと自分で勝手に自分を追い詰めてしまっていたのだと思います。

INNOVATION

「相手のために」を忘れず挑戦し続けたい

状況を変えたいと思い、改めて自分が1年目だったときを振り返ると、当時の自分と後輩とでは、仕事の自由度が違うことに気づきました。先輩が私を信頼して、考えて仕事に挑戦できる自由な空間をつくってくれていたものの、今の自分は「後輩のために」と思うがあまり自分のやり方を押し付けてしまい、後輩の意見を聞いてあげられていませんでした。そこからは思い直し、後輩が自分で考えて行動できるようにフォローし、何かあったときにはしっかりアドバイスできるような距離を保つようしたところ、次第に結果も出てくるようになりました。後輩の自信にも繋がったようでとても嬉しかったです。

また、事業部の業務改善を行うプロジェクトのリーダーは、私が考えた施策が部門全体の動きに繋がるというとても重大なミッションでした。施策を検討し各部門と連携を図って進めた結果、とある施策の成果を3倍に上げることに成功しました。メンターもリーダー業務も初めは自分に務まるのかと躊躇しましたが、今後IT人材事業本部がさらに成長していくためには、各々が組織視点を持って改善案を行うこと、そして若手の成長が不可欠だと再認識したと共に、新たな仕事の面白さややりがいを見つけるきっかけになりました。これからも「相手のために」という意識を忘れずに、組織視点を持ちながら、IT人材事業本部をより強いチームにしていくために自分ができるベストを積み重ねていきたいと思います。

ONE DAY

09:15

出社

09:30

事業部朝礼

09:45

メンターMTG

メンターを担当している後輩との1対1でのミーティングです。日々のスケジュールや、営業状況について毎日15分程度共有や報告を行います。

11:00

社内ミーティング

13:00

ランチ

14:00

個別相談会

ギークスに登録してくださったITフリーランスとの個別相談会です。詳しい希望内容のすり合わせや、今後の営業の進め方の相談、案件の紹介などを1時間半~2時間かけて行います。

17:00

案件の紹介や電話対応

担当しているITフリーランスに対し、メールで案件(仕事)の紹介を行います。その後電話で詳しい説明や、商談の日程調整などについて相談も行います。

19:00

退社

ENTRY

募集要項や選考のフローの
詳細を確認いただけます。
まずはお気軽にエントリーください。