geechs RECRUIT

MENU

CLOSE

新卒採用の方はこちら

中途採用の方はこちら

Yoshino

2015年 中途入社

IT人材事業本部 EP部リーダー キャリアアドバイザー

劇団運営会社で広報アシスタント、学習塾運営会社で塾講師と営業、人材派遣会社での営業を経て、ギークスに入社。クライアントセールスを経験後、EP(エンジニアパートナー)部へ異動。2019年に福岡支店に赴任し、リーダー就任。年長者として、これまでの経験を生かした後輩育成に励んでいる。

CHANGE

「事業部のために」福岡支店の強化を請け負う

EP部のキャリアアドバイザーとしてITフリーランスの方々と向き合う日々は充実していたものの、どこかで自分自身への伸び悩みを感じていました。「役職に就けば、そんな自分が変わるのではないか」と思い、自分を変える機会を待っていたのかもしれません。

福岡支店を強化するために数か月間の赴任を打診されたのはまさにそんな時でした。福岡支店はIT人材事業部の中では一番新しい支店で、かつ当時は入社して日が浅いメンバーが多く、慣れないことも多いせいか、伸び悩んでいる状況でした。上長は、東京本社の知見を福岡支店に伝え、浸透させる役割を担ってくれるメンバーを探しているようでした。その話を聞き、即答で「私が行きます」と返事をしました。福岡に行って何かができる確証はありませんでしたが、とにかく挑戦してみよう、事業部のために出来ることがあるなら行かない理由はありませんでした。
実際に福岡支店に赴任してみると、何かきっかけさえあれば、成長する要素がたくさんあると感じました。そのきっかけになれればと、メンバーとのコミュニケーションを積極的に取りながら、相談しやすい雰囲気づくりに努めました。関係性を構築したうえで、業務のアドバイスを重ねていきました。

INNOVATION

挑戦する姿勢を、後輩たちに向けて自ら体現していく

こうした福岡での日々は、私自身が変わるきっかけにもなりました。これまでは中々成果が出せない後輩へは厳しく指導するやり方しかできていませんでした。しかし一辺倒なやり方ではなく、それぞれのメンバーに合った対応を心がけるようになったことで、組織の良い変化を感じました。また、自分が所属している部門の業務だけではなく、組織全体を俯瞰して考え、より大きな成果を出すという視点が身につきました。「肩書が人を変える」と思っていた価値観は払しょくされ、「肩書が無くても行動が人を変える」のだと身をもって体感しました。

現在は東京本社に戻り、EP部のリーダーとしてメンバーに向き合っています。これまでの自分の経験を出し惜しみすることなく、後輩たちに伝えていくことを意識して日々を過ごしています。メンバーにはとにかく思い切り仕事をやってほしいと思っています。事業や組織を思う発言であれば突拍子もないことでも構わない。私自身これまでも「まずはやってみる」ことを大切にしていましたし、これからも大切にしていきたいと思っています。そうした姿勢を私自身が率先して体現することで、後輩たちに「挑戦していいんだ、やっていいんだ」と思ってほしいですね。

ONE DAY

9:10

出社

メール確認など事務仕事を行います。

09:30

事業部朝礼

10:00

メンターMTG

メンターを担当している後輩との1対1でのミーティングです。前日の振り返りやその日のスケジュール・タスク確認などを行います。

11:00

社内ミーティング

12:00

案件の紹介や電話対応

担当しているITフリーランスに対し、メールで案件(仕事)の紹介を行います。その後電話で詳しい説明や、商談の日程調整などについて相談も行います。

13:00

ランチ

14:00

執務室で打ち合わせ

営業メンバーのデスク付近で、クライアント企業の状況や案件の詳細について確認・相談します。リアルタイムの情報を得るために、MTGの場以外でも、密にコミュニケーションを取るようにしています。

17:00

個別相談会

ギークスに登録してくださったITフリーランスとの個別相談会です。詳しい希望内容のすり合わせや、今後の営業の進め方の相談、案件の紹介などを1時間半~2時間かけて行います。

19:30

退社・筋トレ部の活動

運動不足解消のため、筋トレ部のメンバーと共に会社の近くのスポーツジムでトレーニングを行います。

ENTRY

募集要項や選考のフローの
詳細を確認いただけます。
まずはお気軽にエントリーください。