N.H

Sales

PROFILE

N.H

IT人材事業本部 EP部

2015年新卒入社。 学生時代は通信回線の訪問販売を行い、その時の経験から営業職を希望して入社。1年間法人営業を務め、その後キャリアカウンセラーを務める。

pic_member1_photo1_hirai

STORY

01

モチベーションの変化

入社して最初の1年は法人営業の部署に配属され営業をしておりました。 営業自体は学生のうちから経験をしていたのですが、どんな営業をしていても 働くということは「結果がすべて」というスタイルで仕事をしてきました。
当時は、結果=数字だと思っており、数字を出すことが自分の承認欲求を満たしていたと思います。 ただ1年目の自分にとって、もちろんできないことの方が多く、中々、結果に結びつかない。 結果がすべてを掲げている自分にとっては何で成果がでないのかと焦るばかりでした。
そんな日々を過ごしていたのですが2年目を迎えるにあたり 当時の上司からキャリアカウンセラーへの部署異動を言い渡されました。
法人営業をしていた時とは違い、エンジニア個人と対面することになります。 いくらロジカルに説明していても、キャリアカウンセラーの印象がエンジニアからよく見えてないと 受け入れてもらえないことを痛感しました。
そこには理論だけでなく、感情や、彼らの知らない情報を提供したりと、様々なニーズがあり、 ただ目の前の数字を出すのではなく、エンジニアにとって意味のある提案をすることが大事。 それが結果的に自分の成績として返ってくると感じました。
これに気づけてから自分の中で仕事をする意味を見いだせ、自然と結果もついてくるようになりました。 月に1回事業部内でMVPが選出されるのですが、それにも選ばれる機会が圧倒的に増えたと思います。
「結果がすべて」といった考えは今でもありますが、部署異動したことにより その結果の定義が自分にとってより深いものに変換できたと思います。

pic_member1_photo2_hirai

STORY

02

物事を受け入れることの重要性

部署異動自体は僕の場合、自ら手を挙げてしたものではなく、会社から言われた異動でした。 法人営業をしていて自分でも納得いく成果を残せたとは言い難いのですがその時はなぜかやってみようと思いました。
結果的にこの判断は良かったなと思ってます。 自分一人でこれがやりたいと思っていても時には盲目になってしまう時があります。そんな時なんで自分が部署異動を言い渡されているんだろうと考えたところ、上司や会社はある意味客観的に物事を見てくれていると思い、自分の中で受け入れました。
手を挙げてなにかを生み出すことももちろん大事ですし、これからもしていきたいのですが、与えられた環境だからこそ、その意味を考え自分の中でいかに正解にするかと言うことも、同じくらい大切だと学びました。 自分の中で成功体験をたくさん作れると次第に「次はこうしたい」とか「あれがやりたい」という像が見えてきました。

pic_member1_photo3_hirai

STORY

03

成長できる環境

部署異動もそうですが、それを推薦してくれた先輩社員、今年新しく入ってきた初めての後輩。 そういった環境が今の自分を作ってくれていると強く感じます。
自分が新卒で入社した時の上司は今でも憧れで、自分も早くその立場にたって追い抜かしたいとも思いますし、 今年後輩が入ってきて、仕事を教えることの難しさを痛感してます。 それも、もちろん自分の為になっていてそういった様々な環境が自身の成長につながっています。
ギークスでは若い社員が多く一人の裁量権が大きい為、色んなチャンスが回ってきます。 活かすも殺すも自分次第ですが、自分が尊敬できる上司がいることや、普段の業務に加えて後輩に仕事を教えることを任せてくれる環境に日々感謝しています。