S.O

Sales

PROFILE

S.O

IT人材事業本部 福岡サテライトオフィス リーダー

2015年中途入社。 大学を卒業し、プログラマーとしてiPhoneアプリの開発に関わる。 その後営業に転向し販売代理店などを経てギークスに入社。現在は福岡拠点の立ち上げを行っている。

pic_member1_photo3_ogiwara

STORY

01

エンジニア経験から通ずる営業への思い

自分のキャリアのスタートはエンジニア職からスタートしました。
今思うと本当に浅い考えだったと思うのですが、当時は「手に職をつけなきゃ」という思いが強く どうせやるなら伸びているIT業界で活躍したいといった本当に身も蓋もない考えで始めました。 そんな気持ちで始めたのでやはり甘くはなく、開発の現場はすごくタフで厳しかった。 その時に改めて自分は何が好きなんだろうと考えたときにやっぱり人とコミュニケーションをとるのが好きだなと思い営業職へ転向しようと決心しました。
その後2社ほど営業職を経験したのですが、物を売る営業ではなく価値を売る営業がしたいと次第に思うようになりました。 そしてギークスという会社に出会った時に、フリーランスといった新しい働き方を確立する使命感に共感し、しかも自分がエンジニアとして働いたリアルを営業の価値として伝えることができる仕事だなと思い入社しました。

pic_member1_photo1_ogiwara

STORY

02

年齢、社歴、関係なく気づかされた価値観

まずこの会社に入社した時に感じたのが、若いメンバーが多いがみんな責任感がものすごく高く、成果を出してるなといった印象でした。
自分がこれまで経験したきた営業は物を売る営業だったので、ある程度のプロセスが決まっていました。そしてそれをいかに早くこなすかを重要視してました。言ってしまえば数字しか興味がなく、そこを達成すればよかったのです。
ただギークスの考え方は違っていました。もちろん成果は大事なのですが、そこに至るプロセスをすごく大事にしています。 それぞれが「あの人はこう言っているけど、こっちの企業を紹介したほうが希望に近い」とか「自分だったらこういった状況でこういう判断をする」とか、自分たちが下す意思決定にちゃんと意味を持たせて判断している。しかも自分より若いメンバーが。
この時に自分の中の営業スタイルがガラッと変わりました。 お話ししたように周りのメンバーの影響も大きいですし、 人材という業界の特質上、商材が意思を持っているのでただの御用聞きだと何も成果が出ない。 頼まれたことを早くこなすだけの営業でなく、 希望を聞き、そこに基づく根拠からその人が持つ色々な可能性を引き出すコンサルタント といった意識をもって取り組まなけらばならないと強く感じました。

pic_member1_photo2_ogiwara

STORY

03

地方拠点立ち上げへの挑戦

入社当初は苦労しました。自分のやり方を変えなけらばならなかったので。 今まで培ってきたものを変えるということはプライドもなくなるし、自信もない。
最初はもちろん成果も出なかったのですが、ある時自分が悩んでいることや嬉しいことなどざっくばらんにメンバーに話してみたんですね。そうしたら自分が思ってたよりも共感してくれたり、受け入れてくれました。 「あ、意外と話していいんだ」と思いました。それを受け入れてくれたメンバーがいたからこそ、自分の考えが言いやすくなった。言い換えると素直になれたんですね。自分から一歩踏み出すだけでこんなに変わるんだと。
そこから成果も出るようになりました。自分の意見を言えるから必然的に考えなければならない。 それを行動に移すと責任がつく。その責任をどんどん自分に課すことで成長できたのだと思います。
今のミッションは福岡拠点の立ち上げですが、これは自ら手を挙げてやりたいと事業部長に伝えました。
今のメンバーにも言えることですが、キャリアの中であれがやりたいとか、これがやりたいって思う瞬間が絶対出てくるはずです。 そしてそのタイミングをどう掴むのかがすごく大事だと思います。そんな中私が大切にしていたことが大きく2つあります。 1つは先ほどお話しした素直に自分のことを伝えること、これがやりたいだったりこうなっていきたいってことをしっかり自分の口で伝える。待っててもチャンスは来ないと思います。
もう1つはやりたいの裏には絶対に責任があって、それを任せてもらえる信頼を得ること。 想いだけで通用するほどビジネスの世界は甘くないと思います。
この2つをもって初めて会社で自分のやりたいことがチャレンジできると思います。 ギークスは先ほども言ったように思いを受け入れてくれる会社。だからこそ自分は素直になれて仕事に意味を持たすことができた。 この考えは福岡の立ち上げをしていてもすごく大事にし、今の自分のスタンスになってます。 成長に責任はつきもので、ギークスという会社はそこに対して誰にでもチャンスのある会社だと思います。