WHAT WE DO

GRAND VISION

ギークス株式会社(geechs)は、フリーランスエンジニアをネットワークし、その技術力を活用することで、企業のIT化やインターネットサービスの構築支援を行ってまいりました。
また、近年はゲーム事業やWEB/スマートフォンアプリ事業など、社名の由来にもなっているgeekなフリーランスエンジニアを支援するだけでなく、我々自身もgeekな集団となり、世の中に影響を与えるサービス開発をしていく企業でありたいと考え、開発分野にも力を入れています。

私たちの特徴は、エンジニアをゼロから「そだてる」、エンジニアを「つなげる」、そして「あつめる」という独自の仕組み『ギークスバリュー』です。
圧倒的にエンジニアが足りないと言われる昨今において、フリーランスエンジニアとの強力なネットワークと『ギークスバリュー』という他社には成し得ないネットワークを形成していることは、今後様々な新規事業に挑戦し続けようとする私たちの圧倒的な武器となります。

ギークスはまさに今が変革期。
独自性を持ったインターネットカンパニーへと成長し、日本経済の強力な推進力となるインターネット分野に大きく貢献をしたいと考えています。

21世紀で最も感動を与えた会社になることを目指して!!

OUR BUSINESS

  • IT人材事業

    経験豊富なフリーランスエンジニアと、
    技術を求めている企業をマッチングし、
    プロジェクト単位の技術支援を行う。

  • インターネット事業

    国内外の開発拠点を軸として蓄積された
    技術力を基盤に、受託開発から、
    自社サービスとしての
    スマートフォン向けネイティブアプリに取り組む。

  • ゲーム事業

    Unityをベースとした
    スマートフォン向けネイティブアプリの
    企画・制作・運営まで全て自社内で完結。
    大手メーカー、大手ゲーム会社との連携も実績有。

  • 動画事業

    年間制作本数200本以上。
    企画・撮影・編集まで全て自社運営。
    TVCMなど幅広い分野を手掛ける。

HISTORY

2001

2001年5月

株式会社ウェブドゥジャパン
(現クルーズ株式会社)設立

ホテル業界、不動産業界を経験後、仲間と2人で26歳の時に創業。ベンチャー企業内にデスク2つだけ間借りをしてのスタートだった。

2002

2002年4月

テクニカルアウトソーシング事業を開始
(現IT人材事業)

「フリーランス」の認知度がほとんど0に近い状況ではあったが、IT化の波からその必要性を見出し事業を開始。後にギークスの基盤事業となる。

2006

2006年4月

新卒1期生入社

初めて新卒を受け入れる。事業規模も順調に拡大し、社員数が100名を超える。

2007

2007年2月

大阪証券取引所ヘラクレス市場
(現 東証JASDAQ:2138)へ上場

創業以降黒字化経営を続け、設立6年目に新規上場達成。

2007年8月

100%子会社として株式会社ベインキャリー
ジャパン設立(現ギークス)

モバイル事業とIT人材事業の2軸だったウェブドゥジャパンからIT人材事業部門を独立させ、法人化。

2007年10月

グローバル人材リクルーティング事業を開始

大手企業を中心にグローバル展開をしてる企業や、これから進出を狙う企業の国籍・人種を問わないリクルーティング活動を支援する目的としてスタート。

2009

2009年4月

経営陣によるMBOにて完全独立

ウェブドゥジャパンから完全独立し、新たなスタートを切る。

2012

2012年2月

ゲーム事業を開始

IT人材事業に次ぐ新たな事業柱を作るべくスタート。フリーランスエンジニアのネットワークを活かし、彼らに力を借りながら事業の拡大を目指す。

2012年4月

株式会社ベイングローバルを設立

グローバル人材リクルーティング事業を子会社化。当時新卒入社5年目の女性が社長就任。

2012年10月

IT人材育成事業を開始

1年間で世界40カ国を旅した社員が、海外で得た経験を活かし事業を立ち上げる。

2013

2013年1月

NexSeed Inc.設立(Philippines CEBU)

IT人材育成事業をフィリピンで法人化。「次世代(Next)で活躍できる、優秀な人材の種(Seed)を育てたい」という想いから名づけられた。

2013年8月

エンジニア向けイベントスペース「21cafe」の
運営を開始

エンジニアやクリエイターのための無料イベントスペース。これまでのべ7,000名が来場している。(2017年現在)

2013年10月

社名をギークス株式会社
(英名:geechs inc.)に変更

人材会社からクリエイティブ事業会社へ転換を行う決意の表れとして、社名を変更。Geek ・Techを掛け合わせた造語。

2013年10月

次世代型エンジニア採用プログラム
「geechs camp」を開始

未経験者&初心者向けのエンジニア採用・育成プログラムをフィリピン・セブで実施。2017年現在までの卒業生は約20名。時代を見据えた新しい取り組みとして注目されている。

2014

2014年1月

動画事業を開始

事業開始当時は1名だけだったが、人数規模・実績共に順調に拡大成長。幅広いクライアントからの支持を受け、現在は遊技機・ゲーム・アプリ・CM制作など多角的な展開を行う。

2014年10月

大阪支店設立

関西圏における企業の IT 人材不足の解消、フリーランスエンジニア支援を目的として設立。IT人材事業本部の地方都市展開の第一歩となる。

2015

2015年1月

インターネット事業を開始

社員のアイデアが形となり、ゴルフ専門情報サイト「Gridge 」や、ITエンジニア向けポートフォリオ作成サービス「SPECH」などを開発。

2016

2016年2月

名古屋サテライトオフィス設立

大阪に続くIT人材事業本部として2つ目の拠点。

2016年5月

福岡サテライトオフィス設立

IT 企業が集積する福岡における市場の盛り上がりに貢献すべく、拠点を設立。立ち上げを志願した社員が責任者となる。

FUTURE

これからも、ギークスは挑戦し続ける会社であり続ける

今後も新たな事業に挑戦を続け、時代に合わせた企業へと進化しながら、
未来永劫ずっと感動を生み続けていく会社にしていきたいと考えます。
Buddyのアイディアから新しい事業を生み、ギークスの“柱”として育てる。
そして、複数の“柱”が会社をより成長させていく。
そのようにBuddy全員で大きくなっていくギークスでありたい。
あなたの個性を生かして私たちと一緒に挑戦をし、活躍してくれることを期待しています。